スマホの使いすぎ、指の病に注意しよう!

スマホを普段から使用しているという方は、注意するべき病がありますので知っておきましょう。

スマホを長時間使用していると、気がつかないうちに姿勢が前屈みになったり、目が乾いたり、手首に痛みを感じるのです。

この手首の症状はドケルバン病という腱鞘炎の一種であり、現代ではスマホ病とも呼ばれているのだそうです。

親指を他の指で握り込みながら手を下へと向けるという簡単な手順で、ドケルバン病になっているかどうか確認できるという事ですが、この方法で親指の付け根に痛みを感じたらドケルバン病になっている可能性が高いと言われています。

このドケルバン病が悪化した場合、日常生活にも影響を与えたり、手術が必要になる事もあるのだそうですから、特に親指を休ませてあげると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る